戻るトップページへ
社会福祉法人清水基金 2019年度助成事業の実施
清水シミズ基金キキンは、清水シミズ建設ケンセツ株式カブシキ会社カイシャ 社長シャチョウ 清水シミズ康雄ヤスオ遺志イシで、清水シミズ同族ドウゾクイエより
拠出キョシュツされた清水シミズ建設ケンセツ株式カブシキにより設立セツリツされました。障害ショウガイのある方々カタガタ福祉フクシ増進ゾウシン
ハカることを目的モクテキとする助成ジョセイ事業ジギョウオコナっております。             
  ◆◇◆ スケ シゲル タイ ゾウ ◆◇◆
    障害者ショウガイシャシャ福祉フクシ増進ゾウシン目的モクテキとして運営ウンエイされている社会シャカイ福祉フクシ法人ホウジンショ事業ジギョウ
        ※2019ネンガツ時点ジテン設立セツリツネン経過ケイカした事業所ジギョウショであり、2016年度〜2018年度
         助成事業において当基金から助成を受けていない法人ホウジン
        ※助成ジョセイ決定ケッテイトウ基金キキンとの助成金ジョセイキン交付コウフ契約ケイヤク締結テイケツ事業ジギョウ着手チャクシュし、原則ゲンソクとして機器キキ車輛シャリョウ
         2020ネンガツマデ納入ノウニュウ建物タテモノ同年ドウネン12ガツマデ完成カンセイできる案件アンケン
        ※原則ゲンソクとして1法人ホウジンケン総費用ソウヒヨウ税込ゼイコミ80万円以上マンエンイジョウ5,000万円マンエン未満ミマンアンケン
        ※3年間ネンカン不祥事フショウジ発生ハッセイ所轄庁ショカツチョウからの行政ギョウセイ処分ショブンけていないこと
  ◆◇◆ スケ シゲル ナイ カタチ ◆◇◆
    利用者リヨウシャのために必要ヒツヨウな機器・車輛・建物タテモノ新築シンチク改修カイシュウ増改築ゾウカイチクトウ
        ※申込モウシコミ案件アンケンは、公費コウヒによる補助ホジョや、ホカ助成ジョセイ団体ダンタイトウへの助成ジョセイ申込モウシコミ重複ジュウフクしないこと
        ※自主ジシュ事業ジギョウへの取組トリクみが熱心ネッシン、かつ自助ジジョ努力ドリョクられる法人ホウジン優先ユウセンする
        ※機器キキ医療イリョウ機器キキ防災ボウサイ関連カンレン機器キキ対象外タイショウガイとする
        ※車両シャリョウ:10ネン以内イナイ(2009年度ネンド助成ジョセイ事業ジギョウ以降イコウ)にトウ基金キキンから
         車両シャリョウ助成ジョセイけている法人ホウジン対象外タイショウガイとする
        ※建物タテモノ改修カイシュウ増改築ゾウカイチクについては対象外タイショウガイになるケースもあるので、事前ジゼン
         おわせください
  ◆◇◆ スケ シゲル カネ トウ ◆◇◆
    総額ソウガクは、3オク6,000万円マンエン予定ヨテイ)、助成ジョセイ件数ケンスウは80ケン程度テイド
    原則ゲンソクとして1法人ホウジンアタりの助成ジョセイ金額キンガクは50万円マンエン〜1,000万円マンエンとする
    原則ゲンソクとして申込モウシコミ法人ホウジン事業ジギョウの30%以上イジョウ負担フタンする
  ◆◇◆ サル  ウケ ツキ  アイダ ◆◇◆
    2019ネンガツニチ〜2019ネンガツ31ニチ必着ヒッチャク
  ◆◇◆ スケ シゲル タイ ゾウ ◆◇◆
    社会シャカイ福祉フクシ法人ホウジン・NPO法人ホウジン所属ショゾクし、障害ショウガイ福祉フクシサービスに従事ジュウジしており、海外カイガイ障害ショウガイシャ福祉フクシトウから
    マナぶべき課題カダイち、意欲的イヨクテキ挑戦チョウセンするカタ
    
   ■@(3ヶゲツコース): 実務ジツム経験ケイケンネン以上イジョウで27〜50サイ未満ミマン日常的ニチジョウテキ英会話エイカイワ能力ノウリョクオヨ専門センモン
               知識チシキを有し、所属ショゾク法人ホウジン代表者ダイヒョウシャ推薦スイセンカタ
     
   ■A(1ヶゲツコース): 実務ジツム経験ケイケンネン以上イジョウで20〜40サイ未満ミマン日常的ニチジョウテキ英会話エイカイワ能力ノウリョクユウし、
               所属ショゾク法人ホウジン代表者の推薦を得た方
  ◆◇◆ ケンオサムジンイン ・ スケシゲルキンオヨケンオサムセキ ◆◇◆
    人員ジンイン 8メイ程度テイド
   ■@(3ヶゲツコース) 2メイ   1ヒトアタり200万円マンエン以内イナイ
       アメリカ・シカゴでの10日間ニチカン合同ゴウドウ研修ケンシュウ研修者ケンシュウシャ自身ジシン設定セッテイするテーマにモトづき、ミズカ
       研修施設・機関キカントウをアレンジして個別コベツ研修ケンシュウオコナう。研修国は原則として3ヶ国以内とする
   ■A(1ヶゲツコース) 6メイ   1ヒトアタり100万円マンエン以内イナイ
       アメリカ・シカゴでの10日間ニチカン合同ゴウドウ研修ケンシュウ当該国トウガイコクにおいて社会シャカイ福祉フクシ施設シセツ機関キカンでの実習ジッシュウ
    研修ケンシュウ期間キカン: 2020ネンガツ〜7ガツ(1ヶゲツコースは5ガツマデ
    いずれの研修ケンシュウ助成ジョセイキン所属ショゾク法人ホウジンツウじて支給シキュウする。※合同研修に関する費用もこの中に含まれる
  ◆◇◆ サル  ウケ ツキ  アイダ ◆◇◆
    2019ネンガツニチ〜2019ネンガツ31ニチ必着ヒッチャク
    
  ◆◇◆ スケ シゲル タイ ゾウ ◆◇◆
    @社会シャカイ福祉フクシ法人ホウジン・NPO法人ホウジン所属ショゾクし、障害ショウガイ福祉フクシサービスに従事ジュウジしているカタ
    A原則ゲンソク実務ジツム経験ケイケン年以上ネンイジョウ上限ジョウゲン年齢ネンレイ40サイ程度テイドで、所属ショゾク法人ホウジン代表者ダイヒョウシャ推薦スイセンカタ
    ※プログラムトウ詳細ショウサイは、HPをご確認カクニンください
  ◆◇◆ サル  ウケ ツキ  アイダ ◆◇◆
    未定ミテイ ※※HPにて公表コウヒョウ予定ヨテイ※※
    
  ◆◇◆ スケ シゲル タイ ゾウ ◆◇◆
    障害者ショウガイシャシャ福祉フクシ増進ゾウシン目的モクテキとして運営ウンエイされているNPO法人ホウジン諸事業ショジギョウ
        ※2019ネンガツ時点ジテンでNPO法人ホウジンになって3ネン以上イジョウ経過ケイカし、申込モウシコミ時点ジテン有効ユウコウ
         「障害ショウガイ福祉フクシサービス事業ジギョウシャ指定シテイ更新コウシン通知書ツウチショ」を事業所ジギョウショ
        ※2016年度ネンド〜2018年度ネンド助成ジョセイ事業ジギョウにおいて、トウ基金キキンから助成ジョセイけていないこと
        ※助成ジョセイ決定ケッテイトウ基金キキンとの助成金ジョセイキン交付コウフ契約ケイヤク締結テイケツ事業ジギョウ着手チャクシュし、原則ゲンソクとして
         機器キキ車輛シャリョウは2020ネンガツマデ納入ノウニュウ建物タテモノ同年ドウネン12ガツマデ完成カンセイできる案件アンケン
        ※原則ゲンソクとして1法人ホウジンケン総費用ソウヒヨウ税込ゼイコミ70万円以上マンエンイジョウ3,500万円マンエン未満ミマン案件アンケン
        ※3年間ネンカン不祥事フショウジ発生ハッセイ所轄庁ショカツチョウからの行政ギョウセイ処分ショブンけていないこと
  ◆◇◆ スケ シゲル ナイ カタチ ◆◇◆
    利用者リヨウシャのために必要ヒツヨウな機器・車輛・建物タテモノ新築シンチク改修カイシュウ増改築ゾウカイチクトウ
        ※申込モウシコミ案件アンケンには、公費コウヒによる補助ホジョや、ホカ助成ジョセイ団体ダンタイトウへの助成ジョセイ申込モウシコミ重複ジュウフクしないこと
        ※自主ジシュ事業ジギョウへの取組トリクみが熱心ネッシン、かつ自助ジジョ努力ドリョクられる法人ホウジン優先ユウセンする
        ※機器キキ医療イリョウ機器キキ防災ボウサイ関連カンレン機器キキ対象外タイショウガイとする
        ※建物タテモノ改修カイシュウ増改築ゾウカイチクについては対象外タイショウガイになるケースもあるので、事前ジゼン
         おわせください
  ◆◇◆ スケ シゲル カネ トウ ◆◇◆
    総額ソウガクは、8,000万円マンエン予定ヨテイ)、助成ジョセイ件数ケンスウは30ケン程度テイド
    原則ゲンソクとして1法人ホウジンアタりの助成ジョセイ金額キンガクは50万円マンエン〜700万円マンエンとする
    原則ゲンソクとして申込モウシコミ法人ホウジン事業ジギョウの20%以上イジョウ負担フタンする
  ◆◇◆ サル  ウケ ツキ  アイダ ◆◇◆
    2019ネンガツニチ〜2019ネンヘイネンガツ30ニチ必着ヒッチャク
各事業カクジギョウ詳細ショウサイ申込モウシコミ方法ホウホウトウについてはHPをご確認カクニンください
http://www.shimizu-kikin.or.jp/
illust278_thumb
社会シャカイ福祉フクシ法人ホウジン 清水シミズ基金キキン
〒103−0027  東京都トウキョウト中央区チュウオウク日本橋ニホンバシ3−12−2 朝日アサヒビルヂング3カイ
TEL: 03−3273−3503
FAX: 03−3273−3505


_
問い合せ先  社会福祉法人 和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226

このページの最終更新日: 2019年05月16日