戻るトップページへ
2019夏のボランティア体験月間 企画&参加者募集!!
夏のボランティア体験月間事業(通称「ナツボラ・サマボラ」)は、休暇を取りやすい7月から8月の夏の期間を利用して、多くの方々にボランティア活動を体験していただく取り組みです。
福祉・ボランティアへの関心を育むプログラムの企画・実践を行い、新たなボランティアの参加層の拡大とさまざまなボランティア活動が和歌山県内各地域で交流・展開されることを目的に実施します。

社会福祉施設、ボランティアグループ、企業団体やNPO団体のみなさまへ
ボランティアを受け入れすることで、施設や団体の活動の理解や、新たなメンバーや応援してくれる人に出会うきっかけにもつながります。
ぜひ、この機会にボランティア体験プログラムの企画書をお寄せください。
「体験プログラム企画書」は、お近くの社会福祉協議会までご提出ください。

県内各地の福祉施設、ボランティアグループ、NPO団体などの協力により、ボランティア活動をより気軽に、より身近に体験できるプログラムが用意されます。
ぜひ、この機会に、あなたもボランティア活動に参加してみませんか。
体験プログラムは、県ボランティアセンターや市町村社会福祉協議会のホームページ等に掲載します。
参加方法は、参加希望者が直接、施設や団体に申し込んでください。

下記のPDFを御参照ください。

2019夏のボランティア体験月間チラシ
体験プログラム企画書
体験プログラムの企画参考例
熱中症対策について
和歌山県内の社会福祉協議会
_
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会・県ボランティアセンター (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5220  FAX:073-435-5221
 ホームページ:https://wakayamakenshakyo.or.jp
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:https://wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2019年07月05日