戻るトップページへ
EFPIA Japan患者団体支援プログラム「PASE」第3回PASE AWARD募集
EFPIA Japanは、患者さんと協働を通じて、患者さんのニーズや政策提言を社会に発信ハッシンする機会キカイ
活動をサポートしています。「PASE(Patient Advocacy Support by EFPIA Japan)」は、EFPIA Japan 
の患者中心志向を具体化する患者団体支援プログラムです。PASE は日本の患者団体活動の活性カッセイ
化を促し、患者さんの声が適切に医療制度に反映されることで、患者カンジャさんを医療イリョウ環境カンキョウがより
良いものに発展していくことを支援していきます。                               
    ■応募テーマ:「疾患の予防、診断、治療において未だ解決されていない課題に対する患者団体としての活動」
      患者さんが、より良い生活セイカツオクれる社会シャカイにするため、予防ヨボウ診断シンダン治療チリョウにおける患者カンジャニーズにタイする
      解決カイケツサク焦点ショウテンてた活動カツドウ計画ケイカク募集ボシュウします。
    ■ 応募資格
      @ 日本の患者さんを対象として活動している患者団体であること
      A 社団法人、財団法人、NPO法人など、正式に登記された非営利団体であること
    ■選定センテイ基準
      @ 患者団体として明確な目的を持ち、目標(成果指標)を明確にしていること
      A 過去の活動において目的達成に向けた具体的な成果を示していること
      B 助成金を用いる活動の具体的な実施計画を持っていること(助成金の利用方法を含む)
      C 助成金を用いた活動の結果の周知等に協力できること(EFPIA Japanウェブサイト掲載の許可、
        団体自身のウェブサイト等での告知および報告)
    ■採択団体に求められる事項
      @ EFPIA Dayにおける授与式に登壇すること(東京都内にて2019年9月24日に開催予定。
        メディアによる取材及びスケジュール変更の可能性があります。)
      A 2020年6月末までに助成金を用いた活動を実施すること
      B2020年10月末までに活動実施報告書(A4用紙2枚)をEFPIA Japan事務局に提出テイシュツすること
    ■助成金の用途
      明確な実施計画を有するプロジェクトに用いていただく必要があります。
      個人への現金の供与、団体の運転資金への補填等には利用できません。
       
    ■応募方法:
     @ 応募用紙(自由書式)に記載の上、PDFフォーマットにてEFPIA Japan事務局( info@efpia.jp )宛てに
       2019年7月12日までにご送付ください
※応募用紙ヨウシ記載キサイ事項ジコウトウ下記カキ案内アンナイやHP等で詳細をご確認の上ご応募ください
患者団体宛_EFPIA_PASE募集案内
お問い合わせ先
          ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
            〒105-6333 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー
            藤田 均  EFPIA Japan 広報委員会 PASE担当
                TEL: 090-9837-4326 Mail : hitoshi.fujita@novartis.com
          グラクソ・スミスクライン株式会社
             〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
              岡田 美紀  EFPIA Japan アクセス委員会 PASE担当
                TEL: 070-3543-2224 Mail : miki.x.okada@gsk.com


190528_患者団体宛_EFPIA_PASE募集案内_Fin
_
と き  〜令和1年07月12日
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
  FAX:073-435-5226
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:https://wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2019年07月04日