戻るトップページへ
【新型コロナ関連】特例貸付を既にご利用されている方へのご案内

既に特例貸付のご利用をされている方へ

 

総合支援資金特例貸付の貸付期間延長について

総合支援資金特例貸付を利用し、新型コロナウイルス感染症の影響により、なお生活困窮の状況が続く方は、要件を満たせば原則3か月までとする貸付期間をさらに3か月を上限(合計上限6か月以内)として延長してご利用できる場合があります。該当の方には、初回貸付期間の最終月中に、本会又はお住まいの市町村社会福祉協議会より個別に郵送等でご案内します。

@ 延長貸付の回数、期間 1回限り、3か月以内

A 対象者…次のいずれにも該当する方

ア 初回貸付を令和33月末までに申請をして貸付を受けていること

イ 初回の貸付期間の3月目において、引き続き、新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯

ウ 生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を受ける場合

B 受付期間…令和36月末まで

(個別にご案内した受付期間以降、新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少や失業等により、あらためて生活に困窮し、延長貸付を希望される場合も、お住まいの市町村社会福祉協議会にご連絡の上、令和36月末までに自立相談支援機関へご相談ください。)

 延長申請には所定の審査がございますので、審査の結果、貸付の延長ができない場合があります。

○ 相談・受付窓口 お住まいの市町村社会福祉協議会

申込書等の様式はお住まいの市町村社会福祉協議会で入手できます。

 

 

【総合支援資金特例貸付の再貸付のご利用を希望される方へ】(令和3219日から受付開始)

緊急小口資金特例貸付及び総合支援資金特例貸付(延長貸付)を利用し、新型コロナウイルス感染症の影響により、なお生活困窮の状況が続く方は、要件を満たせば、総合支援資金特例貸付の再貸付(上限3か月以内)をご利用できる場合があります。

@ 再貸付の回数、期間  1回限り、3か月以内

A 再貸付対象者…次のいずれにも該当する方

ア 令和3年3月末までの間に緊急小口資金(特例)及び総合支援資金(特例)の貸付金の交付が終了していること

 イ 再貸付の申請以前に生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援事業による支援を受けること

B 再貸付の受付期間 令和3年2月19日〜令和3年3月末

C 貸付の内容 初回貸付と同様です。初回貸付の概要はこちらをご覧ください。

再貸付申請には所定の審査がございますので、審査の結果、再貸付ができない場合があります。

○ 相談・受付窓口 お住まいの市町村社会福祉協議会

申込書等の様式はお住まいの市町村社会福祉協議会で入手できます。

 

 

【据置期間の延長について】

・緊急小口資金特例貸付、総合支援資金特例貸付については、令和43月末以前に償還が開始となる貸付けについて、令和43月末日まで据置期間を延長することとされました。

・これに伴い、該当する方は、令和43月までに償還開始予定の方については、令和44月からの償還となります。

・既に償還が始まっている方は対象となりませんのでご注意ください。

 



_
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5223  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:https://wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2021年03月04日