戻るトップページへ
「福祉レクリエーション研修」の開催について

令和4年度 福祉人材キャリア形成支援研修

福祉レクリエーション研修

~「使える」あそび・レクリエーションに「使われない」ために~

目的

職場内におけるレクリエーションの知識及び技能や利用者にもたらす効果等を理解し、一人ひとりに合ったレクリエーションを提供する方法や活用を学びます。

対象

現に社会福祉事業に従事している者

過去に社会福祉事業に従事した経験があり、社会福祉事業に再就職を希望する者

日程

令和4年5月24日(火)10:25 ~16:00(受付1000~)

会場

県民交流プラザ和歌山ビッグ愛 1階 展示ホール

内容

【講義・実技】「コロナ禍、福祉現場でのレクリエーション」

■視点を変えよう「あそびの活かし方」

 (内容)コロナ禍の中、対策を取りながらも必要とされるレクリエーション。

これまでとは違った進め方について触れながらの講話

■コミュニケーションデザインという視点から見るレクリエーションの使い方

(内容)レクリエーションという言葉に使われて、引きずられている人が居ます。

考え方を変える時間

■ワタシが擦り減らないための愉しみ方

(内容)楽しいことを「愉しそう」に取り組むためのちょっとしたコツを試す時間

■「活かせる・使える」道具の実践と紹介

 (内容)道具を活かし、「使える」道具に変える時間

■アタマとココロを使うレクリエーション

 (内容)少しだけ悩んで頑張る時間

■あなたの「伝えた」は「伝わって」いる?

 (内容)属に言う、ふり返りの時間「反省」の無い時間

■まとめ

 (内容)あなたのコミュニケーションをデザインする時間

※動きやすい服装、かかとの低い靴でお越しください(ヒール、スカート不可)

≪※内容等は状況に応じ変更する場合があります。≫

講師

あそびの工房 もくもく屋  事務局長 コミュニケーションデザイナー 田川 雅規 氏

定員

36名(先着順)

受講料

《県社協会員》5,000円/《県社協非会員》7,000円(いずれも税込)

申込方法

受講申込書にて、メール又はFAXでお申し込みください。

※FAXで申込む場合は、着信確認を必ずお願いします。

※電子メールの場合は、受付確認メールを返信します。

申込期限

令和4年月26日(火)必着

申込・

問合せ先

社会福祉法人和歌山県社会福祉協議会 福祉人材センター「ハートワーク」

TEL:073-435-5210  FAX073-435-5209

メール:kenshu@wakayamakenshakyo.or.jp

※開催要項・受講申込書は下記よりダウンロードして下さい

 



R4開催要項
受講申込書.
R4チラシ(正)
_
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5210  FAX:073-435-5209
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:https://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2022年03月07日