事業のご案内 > 社会福祉施設・団体との連携

社会福祉施設・団体との連携強化及び支援事業

 改正社会福祉法の全面施行(平成29年4月)に伴い、事業経営の透明性の向上、ガバナンスや財務規律の強化等が求められています。私たちは、社会福祉法人との連携を強化することで、「地域における公益的な取組」を推進し、社会福祉法人の地域社会貢献を支援します。

○実施している事業

◇施設協議会等団体事務局を受任し、情報収集・情報提供、福祉従事者の資質向上のための研修会開催等を行っています。<受任団体> ・和歌山県社会福祉法人経営者協議会 ・和歌山県保育連合会 ・和歌山県訪問介護事業所協議会 ・和歌山県児童館連絡協議会◇「授産活動活性化資金融資事業」 …県内の就労継続支援A型・B型事業所、就労移行支援事業所、地域活動支援センター及び小規模作業所で行われている障害者の生活及び就労を支援する活動の活性化を目的とする融資を行っています。

◇教員免許を取得する学生等に「介護等体験」が義務付けられていることに伴い、学生等と社会福祉施設の受入調整を行っています。・動画 <人を想う、福祉のしごと〜福祉の仕事の魅力発信映像〜 >を作成しました。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、社会福祉施設における介護等体験が困難な状況を受け、社会福祉施設の役割や介護現場の様子、対人援助サービスの内容等について理解を深めていただくこと等を目的とし、介護等体験に代わるものとして和歌山県社会福祉法人経営青年会の協力のもと、福祉の仕事の概要及び魅力を伝える映像を作成しました。

高齢者福祉施設

障害者福祉施設

児童福祉施設

○地域における公益的な取組事例

・協働プロジェクト

○お問合せ先

部  署:総務企画部 企画班電話番号:073-435-5224

↑ページの先頭へ