事業のご案内 > 日常生活自立支援事業
(福祉サービス利用援助事業)

福祉サービス利用援助事業

 判断能力が不十分な高齢者、知的障がい・精神障がいのある方などに対して、福祉サービスの利用援助や日常生活上の手続に関する援助、金銭管理、書類等の預り等を一体的に行うことにより、地域において自立した生活が送れるように支援します。

○このような不安に対してお手伝いさせていただきます。

・福祉サービスを利用したいけど手続きが分からない。
 → 福祉サービスなどの情報提供
 (日常生活上の手続に関する援助)

・役所から届いた書類をどうして良いか分からない。
 → 役所への書類の提出などの日常生活の手続き 
 (福祉サービスの利用援助)

・年金をすぐに使ってしまい生活費が足りなくなる。
 → 生活費のお届けや日常生活に必要な支払いなどの金銭管理
 (日常的金銭管理サービス)

・通帳や印鑑をなくしてしまう。
 → 通帳や証書などの書類のお預かり
 (書類等預かりサービス)

※ご相談はお住まいの市町村社会福祉協議会にお願いします。
  市町村社会福祉協議会の一覧

○事業の利用料

・契約締結までの相談 ・・・ 無料
・契約締結後の支援  ・・・ 1時間まで1,000円、30分の延長につき500円ずつ加算
※生活保受給者は無料、所得の状況などにより利用料の助成があります。

○事業の詳細はこちら

・福祉サービス利用援助事業のパンフレット

○お問合せ先

部  署:地域福祉部 地域福祉班 地域福祉権利擁護センター
電話番号:073-435-5248

↑ページの先頭へ